STORY

全粒粉の妖精編バッチコイ

  • 30秒
  • 15秒
  • 企画意図
  • CMストーリー
  • 撮影こぼれ話

麺に全粒粉を練りこんで新しくなったラ王袋麺の魅力を伝えるためにどん兵衛のCM「どんぎつねシリーズ」をパロディ。
「ラ王を食べる男」に千葉雄大さん、どんぎつねの代わりに登場する「全粒粉の妖精」にカズレーザーさんに出演頂き、全粒粉入り麺の美味しさを表現しました。

麺に全粒粉を練りこんで新しくなったラ王袋麺の魅力を伝えるためにどん兵衛のCM「どんぎつねシリーズ」をパロディ。
「ラ王を食べる男」に千葉雄大さん、どんぎつねの代わりに登場する「全粒粉の妖精」にカズレーザーさんに出演頂き、全粒粉入り麺の美味しさを表現しました。

部屋でひとり、ラ王を食べている千葉雄大さん。
すると、麺の湯気で曇ったメガネの向こうに突然カズレーザーさん演じる「全粒粉の妖精」が現れます。
千葉さんが麺をすすると、妖精は思わず悶絶。
焦らし焦らされる、2人の駆け引きが始まります。

部屋でひとり、ラ王を食べている千葉雄大さん。
すると、麺の湯気で曇ったメガネの向こうに突然カズレーザーさん演じる「全粒粉の妖精」が現れます。
千葉さんが麺をすすると、妖精は思わず悶絶。
焦らし焦らされる、2人の駆け引きが始まります。

千葉さんが麺をすすると、カズレーザーさんが悶絶するシーン。
監督がなかなかオッケーを出さなかった為、2人の駆け引きは1分近くも続くきました。
千葉さんもスイッチが入り、焦らしがエスカレート。
オッケーが出た瞬間、笑いを我慢するのに必死だったスタッフは爆笑。
焦らされ続けたカズレーザーさんはホッと一安心の表情を浮かべていました。

千葉さんが麺をすすると、カズレーザーさんが悶絶するシーン。
監督がなかなかオッケーを出さなかった為、2人の駆け引きは1分近くも続くきました。
千葉さんもスイッチが入り、焦らしがエスカレート。
オッケーが出た瞬間、笑いを我慢するのに必死だったスタッフは爆笑。
焦らされ続けたカズレーザーさんはホッと一安心の表情を浮かべていました。

全粒粉の妖精編

  • 30秒
  • 15秒
  • 企画意図
  • CMストーリー
  • 撮影こぼれ話

麺に全粒粉を練りこんで新しくなったラ王袋麺の魅力を伝えるためにどん兵衛のCM「どんぎつねシリーズ」を完全パロディ。
「ラ王を食べる男」に千葉雄大さん、どんぎつねの代わりに登場する「全粒粉の妖精」にカズレーザーさんに出演頂き、全粒粉入り麺の美味しさを表現しました。

麺に全粒粉を練りこんで新しくなったラ王袋麺の魅力を伝えるためにどん兵衛のCM「どんぎつねシリーズ」を完全パロディ。
「ラ王を食べる男」に千葉雄大さん、どんぎつねの代わりに登場する「全粒粉の妖精」にカズレーザーさんに出演頂き、全粒粉入り麺の美味しさを表現しました。

部屋でひとり、ラ王を食べている千葉雄大さん。
すると麺の湯気で曇ったメガネの向こうに突然カズレーザーさん演じる「全粒粉の妖精」が現れます。
どん兵衛のように可愛い女の子が現れなかったことに、不満そうな千葉さんでしたが、徐々に「全粒粉の妖精」のペースに巻き込まれていきます。

部屋でひとり、ラ王を食べている千葉雄大さん。
すると麺の湯気で曇ったメガネの向こうに突然カズレーザーさん演じる「全粒粉の妖精」が現れます。
どん兵衛のように可愛い女の子が現れなかったことに、不満そうな千葉さんでしたが、徐々に「全粒粉の妖精」のペースに巻き込まれていきます。

千葉さんが麺をすするたびにカズレーザーさんが反応するカットは、何度も何度も繰り返し撮影を行いました。
カズレーザーさんからは、どん兵衛風や悶絶系などさまざまなリアクションが飛び出し、その間、ひたすら麺を食べ続ける千葉さん。
スタッフの心配をよそに常に美味しそうに麺を食べてくださいました。

千葉さんが麺をすするたびにカズレーザーさんが反応するカットは、何度も何度も繰り返し撮影を行いました。
カズレーザーさんからは、どん兵衛風や悶絶系などさまざまなリアクションが飛び出し、その間、ひたすら麺を食べ続ける千葉さん。スタッフの心配をよそに常に美味しそうに麺を食べてくださいました。

CAST

  • カズレーザー
  • 千葉雄大