ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです

本文のはじまりです

TVCM

食べたい男 潜入篇

CMストーリー

深夜。妻が寝ていることを確かめると、そっと寝室を出る西島さん。
深くフードをかぶり、物音立てずに廊下を歩きます。胸には何かを抱えている様子。

たどり着いた先は台所。
コンロに火をつけ、身を隠すようにかがむと、胸に潜ませたものを取り出します。

ラ王カップ麺。

ついに西島さんはラ王を手にし、まさに今、調理を始めようとしています。
もちろん妻には内緒。「最初のラ王は妻のラ王」と決めていた西島さんにとっては、
妻に内緒でラ王を食べることは非常に勇気のいることでした。

長い間食べたいと思い続けたラ王が、もうすぐ食べられる…
ラ王を包むフィルムにそっとハサミをいれながら、思わず笑みがこぼれる西島さん。
ところが…

ピー…ーーーーーーー!!!!!!!!!
部屋中にひろがる沸騰を告げるケトルの湯沸かし音!
慌てふためく西島さん!ケトルの音はやむことなく部屋中に鳴り響きます!

たまらず、ケトルはそのままにラ王を抱えて大急ぎで
身を隠すように台所から離れる西島さんなのでした…。

撮影こぼれ話

ついに西島さんがラ王を食べる?!
まったく進展しないラ王と西島さんの関係が一歩進む本企画。

今回の企画の見どころは、何といっても西島さんの無言の演技。
撮影では西島さんが醸し出す緊張感に、スタジオは静まり返っていました。
その緊張感からの反動もあってか、ケトルの音で慌てふためく西島さんの演技では
カットの声がかかるとスタッフ一同大きな笑い声があがりました!

本シリーズの中でも随一の緊張感ある本作。是非お楽しみ下さい!

食べたい男 具は何を篇

CMストーリー

女性社員と滝藤さん、社内で楽しげに会話をしています。
「お、盛りあがってるな!」西島さんが通りかかります。
「西島さん、ちょうどよかった。ラ王に具は何を入れるか、今みんなと話してて」

顔色が一気に曇る西島さん…
ラ王を誰よりも食べたいのに、未だに食べられていない西島さん。
西島さんの置かれている状況を知り、そしてかつてラ王を食べられないという同じ悩みを共有していた滝藤さんは、かつての仲間を置いて自分だけが楽しげにラ王の話をしていた所を西島さんに見られてしまい、バツが悪そうな雰囲気。

「西島、忙しいんだからさ…」
話を切り上げたい滝藤さんをよそに、何も知らない女性社員は続けます。
「滝藤家はかまぼこがマストなんですよね!」
滝藤さん、言いのがれできない状況にもはやごまかしも効きません。

「西島さんの家では、ラ王に何を入れます?」
笑顔で問いかける女性社員に、「うちは何も…」とくぐもった声で返す西島さん。
確かに西島さん、嘘は言っていません。食べたことがないから具を入れたこともないのです。

「何も?」
”ラ王好きは逆にそういうものなのかも?”
意外な回答に女性社員はきょとんとしています。

「もういいかな。」
いたたまれず、その場を去ろうとする西島さん。

「西島、ごめん…」
西島さんを追いかけることもできず、心の声が漏れ出てしまう滝藤さんなのでした

撮影こぼれ話

なんといっても、見ものは30秒CMの滝藤さんの”なんとかごまかそうとする表情”。
これまでにも何回か西島さん・滝藤さんのやりとりの企画はありましたが、
その中でも今回は”バツが悪い滝藤さん”という、新しい演技が求められる企画。
「どう仕上がるかな」という心配がありましたが、そんな心配を吹き飛ばすさすがの演技!
実はこのシーンはもともと予定していませんでしたが、急遽追加させて頂きました!

西島さん・滝藤さん・スタッフ一同、どうすればより面白くなるかを撮影当日でも考えており、
撮影現場では毎回様々なかたちで台本にはないことにチャレンジしています。

今回のCMもスタッフ一同のこだわりの企画です、是非お楽しみください!

本文のおわりです