ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです

本文のはじまりです

TVCM

食べたい男 南国出張篇

CMストーリー

オフィス内。スーツケースに荷物をまとめ、どこかへ出発しようとしている西島さん。
「そうか、出張だよな」「あぁ、ベトナムは暑いらしい」
席を立つ西島さんを目で追う滝藤さん。何かが頭をよぎった様子。

西島さんがエレベーターホールに到着したとき、追いかけてきた滝藤さんが声をかけます。
「持ってけよ。これくらい羽を伸ばしたっていいだろ。」
その手にはラ王の冷し中華がありました。
出張中は、ラ王を食べるチャンス。それも南国への出張。
”保存が効くラ王の冷し中華であれば、常備さえしておけば暑いと思った時に自分のタイミングで食べられる。”
滝藤さんなりの、ベトナムに出張する西島さんへの思いやりでした。

ラ王を食べたい気持ちは誰よりも強いのに、未だに食べたいと妻に言い出せない西島さん。
滝藤さんの勧めに一瞬心が迷うも、すぐ我に返り思い出したかのように応えます。
「妻には内緒ってことか?」
最初のラ王は妻のラ王。それは西島さんの譲れないこだわりでした。

”ラ王は確かに食べたい。しかし内緒で作って食べることは妻への裏切りになるのではないか…?”
滝藤さんの誘惑と自分の迷いを振り切るように、強く足を前に進める西島さん。

しかし、なんとか迷いを振り切ろうとする西島さんを追いかけてまで誘惑し続ける滝藤さんなのでした…

CMストーリー

滝藤さんは、これまでラ王を食べられない西島さんのよき理解者としての役柄で、
今回の企画も当初はその役柄を意識したセリフを予定していました。
しかし撮影時に、西島さんがラ王を食べられないことを知っているのに誘惑し続ける、
「悪ノリの演技」をお願いしてみたところ、思いのほか大ハマリ!
そのときの演技がそのままCMに採用されました!

そういえば…
居酒屋、タクシー、自分の車の中など、場所を選ばずラ王を持参していた西島さん。
今回は滝藤さんがオフィス内にも関わらず、どこからともなく冷し中華を持ってきます。
デスクの中にでも入れていたのでしょうか?
このお二人のラ王好きは本物です 笑

本文のおわりです