CM情報 明日のお昼はラ王がいいな。

WEB限定 WEB限定 阿部サダヲへの企画説明篇

フライパンで肉と野菜を炒め、そこにラ王を入れて一緒に調理することでできあがるラ王タンメン。

品質に自信のあるラ王の麺だからこそ実現できる、”肉野菜がジュワ旨い”このレシピ。

美味しいことはもちろん、手軽なのに作った感がある、魅力たっぷりなラ王タンメンを是非一度ご家庭で試して頂きたく、フライパンとラ王というまさかの組み合わせを企画にしました。

ラ王タンメンのCM撮影日。 企画の説明をするために、監督が阿部さんの楽屋に訪れました。

「今回は、フライパンひとつでラ王タンメンとなっていまして…」
監督の説明をとりあえず聞く阿部さんですが、
どう考えても食品のCMとは思えないあまりに攻めすぎな企画内容に、とまどいを隠し切れない様子。

しかし、なんとか説得しようと、そんな阿部さんにひたすら説明を続ける監督。

一通りの説明を受けても、納得どころかむしろ心配が強まったかのような阿部さんですが、
フライパンを片手に演技をしてみると、意外にもハマった様子で…?!

「阿部さんへの企画説明」という企画なので、本当のスタジオの楽屋をセットとして撮影しました。

「…インサートは?」「すみません、忘れてました」の流れをはじめ、 今回も阿部さんをはじめとしたキャストのアドリブが活きた仕上がりになっています!

撮影現場でも大好評だった、フライパンひとつで作れるラ王タンメン。
是非一度ご家庭でお試しください!

新・食べたい男 やっぱり似てる篇

日清ラ王のTVCM「食べたい男シリーズ」が新しくなりました。

「料理をサボっていると思われてしまうんじゃないかしら?」という心配から、自分から食卓に インスタントラーメンを並べることをためらってしまっている 主婦の方々がいるようです。

しかし「まるで、生めん。」のラ王は違います。 世の中のお父さんたちやご家族は、ラ王を本当は食べたがっているんです。

「明日のお昼はラ王がいいな…」

この言葉が意味する、ラ王を食べたい家族の気持ちを、 登場人物を新たに、これまで以上に際立たせて表現しています。

「いや~、やっぱり似てるよお客さん、阿部サダヲに。」

すっかり喫茶店の常連客になっている様子の、阿部サダヲにそっくりな男性。

ラ王の新聞広告を見て、マスターが男性に声をかけました。

ラ王のCMが新しくなってからというもの、周りの人たちから阿部サダヲに似ているとかなり言われているのか、 うんざりしている様子の男性。

「明日のお昼はラ王がいいな…」

マスターにお願いされるがままに、
男性が嫌々ラ王のキャッチコピーをつぶやくと…?!

最初のCMと同様、喫茶店が舞台の本作。

喫茶店は撮影用に作りあげたセットで、新聞も0から作った美術品。

出演者の演技についつい目がいきがちかと思いますが、 画面に映る全て、細部にまでスタッフさんのこだわりが詰まっていますので、 是非ご注目下さい!

新・食べたい男 似てますよね?篇

日清ラ王のTVCM「食べたい男シリーズ」が新しくなりました。

「料理をサボっていると思われてしまうんじゃないかしら?」という心配から、自分から食卓に インスタントラーメンを並べることをためらってしまっている 主婦の方々がいるようです。

しかし「まるで、生めん。」のラ王は違います。 世の中のお父さんたちやご家族は、ラ王を本当は食べたがっているんです。

「明日のお昼はラ王がいいな…」

この言葉が意味する、ラ王を食べたい家族の気持ちを、 登場人物を新たに、これまで以上に際立たせて表現しています。

「明日のお昼はラ王がいいな…」

CMの主役である、”ラ王を食べたいのに食べられない男”。 それを演じる俳優が阿部サダヲになったことに気がついた、 喫茶店で何気なくTVを見ていたとある男性。

その男性もまた、ラ王を食べたいのに食べられずにいるようで、 自身の境遇と重なるCMに妙なリアリティを覚えている様子。

すると、喫茶店のマスターと、アルバイト役の女の子が何かに気がつきます。 「さっきのCMの俳優と、そこに座っているお客さんが、すごく似ている…」

マスターがたまらず男性に声をかけて…?!

今度の主役は、阿部サダヲさん演じる”阿部サダヲにそっくりな男”。 阿部サダヲさんは「阿部サダヲ」と「阿部サダヲにそっくりな男」の2役を演じています。

キャスト・スタッフも新たに、期待と不安の入り混じる中の撮影でしたが、 アドリブにアドリブを返すキャストの皆さんのおかげで、 笑いも多く、スムーズに撮影は進行。

新しい食べたい男を中心に、今後どう物語が進んでいくか? ご期待下さい!

twitter
facebook
google+